ドライバーが不調になった時

コースで、急にドライバーが不調になったりするときありますよね。

 

 

 

スライスが止まらなくなったり、フックが止まらなくなったりして、OB連発なんてこともありますよね。

 

 

そんな時って、どうしたらいいか パニックになって、スイングの仕方もわからなくなったり、自分がどうやってスイングをしていたのかもわからなくなったりしますよね。

 

 

そういう時って、ものすごくスイングがめちゃくちゃになっているように感じたりすると思いますが、実はちょっとした修正だけで、改善したりします。

 

 

 

コースですぐに効果のでる改善方法は、二つ。

どちらか一つだけを採用してもいいですし、両方試してみるのもいいですね。

 

 

 

一つ目は 『クラブを短く持つこと』です。 とっても単純なことなので、簡単に実践することができるし、とっても効果があります。

これで、改善するようでしたら、これだけオッケーです。

 

 

 

二つ目は、スタンスを狭くすることです。 両足を大きく広げて、スタンスをすると安定するように感じやすいですが、方向性はブレやすくなります。 スタンスを狭くすると、体の横のブレも少なくなるので、芯に当たりやすく、方向性も安定します。

大振りもできなくなるので、自然に安定します。

 

 

 

 

ゴルフ場で当たらなくなった時は、難しい修正方法はできないので、簡単にできることで修正することがとっても大事です。

 

 

 

スイングのことを意識し始めると、全く当たらなくなってしまったり、余計にひどくなったりするので、注意です^ - ^

 

 

 

 

 

 

鈴木健一 ゴルフアカデミー 

TEL:090-4211-3004