山名プロ JGTO ツアーメンバー 獲得

 

来季出場権まで、あと二日間 がんばれ

 

http://www.jgto-qt.jp/

ツアープロコース

ツアープロコースでは、トーナメントで活躍するツアープロまた、

これからツアープロとして活躍したいプロ、研修生のための養成コースです。

 

長野県松本市まで、ツアープロ、研修生、レッスンプロが全国から合宿に来てくれます。

なぜ、鈴木健一ゴルフアカデミーへ訪れるのか

 

それは、鈴木健一ゴルフアカデミーのプロコースでは、試合で結果を出すためにメンタル面、技術面、道具についても

全方向からのサポートを同時に行っていくからです。 

「いつまで他人のスイング続けますか」

 

「他人のスイングでトーナメントを戦えますか」

 

鈴木健一ゴルフアカデミーでは

あなたの骨格や関節動作のくせ

筋肉のつき方やバランス

に合わせあなただけのスイングを取り戻すサポートを

しています。

○「流れ 」を作るトレーニング、練習方法

 

・クラブごとの流れ

プロのレベルで、プレッシャーのかかる場面では、ドライバー、アイアン、アプローチ、パターまで一つの統一した流れのあるスイング(ストローク)する必要があります。 

 

つまり、アプローチが苦手だからと言って、アプローチの打ち方をただ変えてしまうと、それがアイアンに微妙な影響を与えていき、パターへ影響をあたえてしまうのです。 アプローチの打ち方一つを変えるにしても、かならずドライバーのスイングまでの流れを計算して調整する必要があります。

 

このクラブごとの流れはもっとも大切なことです。

 

・体の動きからの流れ

ゴルフのレッスンでは、クラブの動かし方を治す練習をしたりすることがあります。 もちろん、プロのレベルでもクラブの動きを調整する指導は非常に有効です。 試合前の調整などでは特に有効です。

 

 しかし、自分のスイングの問題点を修正しようとしたときにクラブの動きを無理やり改造するようなやり方では、なかなか試合での結果につながりません。

 

 それは、体の動き方とクラブの動き方にばらつきが起きているからです。

 

鈴木健一ゴルフアカデミーでは、クラブの動きを変えたいときに、クラブの動き方をできるだけ意識しないで、体の使い方のポイントを変えることで、クラブの動きが変わるようにしていきます。そうすることで、体の動きとクラブの動きに「流れ」が出てきます

 

 

 

この流れがあると、プレッシャーがかかった場面でもクラブをコントロールしやすくなります

 

・本人の関節の動きとスイングの流れを作る

 

人間の体は、人によって違います

動かしやすい関節の向きもちがいます

 

プレッシャーのかかった場面で結果を出していくためには、

自分の本来の動きを生かしていくことが非常に重要です。 

 

 

 ○ 試合への体の調整

 

ツアーの4日間

QTのファイナルステージは、6日間

 

いかに体の状態を試合の中で高めていけるか、維持していけるかが重要になります。

プレッシャーのかかる試合では、体は普段の練習ラウンドとはくらべものにならないくらい疲労します、

試合の期間中は、緊張感もあるので、疲労感は感じにくいですが、体は確実に疲労しています。

 

初日、二日と進んでいくにつれて、自分が思うようなショットができなくなる原因の一つに体の状態の変化があります。

4日間通して、できるだけ同じ状態で試合に臨めることが非常に重要です。

 

鈴木健一ゴルフアカデミーでは、自分の体の状態を維持、向上させていくための

体のケア(ストレッチ、整体、トレーニング)の方法もアドバイスしています。

体は人によって違います、柔らかければよい、ストレッチを入念にやればよい

というものではなく、試合での結果につながるための体のケアの方法を見つけていきます。

 

鈴木健一 ゴルフアカデミー 

TEL:090-4211-3004